2歳~4歳が雨の日でも楽しめてインスタ映えもする!お家遊び17選 

2歳から4歳くらいのお子さんは、好奇心も旺盛で活動的!

この年代のことを英語ではトドラー(Toddler)と呼びます。

トドラーは適度に太陽を浴びながら、手足を動かしてお外で遊ぶことで、体や脳がどんどん発達していきます。

しかし、梅雨時期になると、せっかくのお休みも雨でお出かけができず、子供は退屈になりぐずったりします。

そこで今回は、そんな雨の日に効果的なトドラーのための遊び方をご紹介します。

 

 

1.レインボーライスを作ろう!


女の子は2歳くらいから、お母さんが作る料理に興味を持ち始めます。そんな時は簡単に楽しく作れるレインボーライスを作ってみてはいかがでしょうか?レインボーライスは近年アメリカなどで人気となっているトドラーの遊び方で、インスタ映えするとお父さんやお母さんにも話題です。
カップケーキを作りみたいに遊んだり、砂場の感覚で遊べるので、室内砂場セットと一緒に遊ぶと部屋も汚れずにとっても楽しいですよ!
作り方は、適量のお米をジップロックに入れて、そこにフードカラー少量とアルコール少量を加え、袋を閉じてフリフリしてしばらくおいて、色がお米に着いたらオーブンを170度に設定し15~18分焼くだけです。たくさんの色を作りたい場合は、同じことを繰り返すだけです。


2.お家の中でフォト・スカベンジャーハントをしよう!


スカベンジャーハントとは欧米ではポピュラーな子供の遊びで、地図やリストに書かれたガラクタなどの物を集めてポイントを競うゲームです。
とはいえ、雨の日にスカベンジャーハントはできないので、お家の中でガラクタを集める代わりに写真を撮ります。
遊び方は簡単です。まずはお父さんやお母さんがお家の中にハントするものを隠し、地図とヒントを紙に書きます。
そして、そのヒントを元に子供たちはハントをスタート。物を集めると片付けがたいへんなのでスマホやおもちゃのカメラを渡して写真を撮ってもらうことにしましょう。
すべて見つけられたらゲームクリア!です。

3.カラーハントをしよう


カラーハントも2歳~4歳時の知能的な遊びにピッタリです。
遊び方はさまざまですが、例えばイロガミを何種類かテーブルに並べ、「これと同じ色の物を持ってきて!」と子供に伝えます。子供は同じ色のものを宝探しのようにお家の中で探し回ります。見つけたものはイロガミの上に置いていきます。類似色や似てるけど違う色、微妙な色の変化に子供は気づくでしょう。

4.バスタブアートでストレス解消!

https://www.instagram.com/p/ByNUxkmgACi/
雨の日が続くと、外にも行けずストレス溜まっちゃいますよね。
そんな時はバスタブアートがめっちゃ楽しいんです! 子供用の水彩絵の具を持ってお風呂に行きましょう。バスタブは空のママ。
そして、バスタブをキャンパスに思いっきり大きな絵を描いてもらいましょう!
汚したって、どうせお風呂掃除するんだから大丈夫! 散らかしても汚しても怒られないので、子供は楽しんで、長い間遊んでくれますよ!
また、水を張った状態で、絵の具をマーブル模様に投入してアートを作るのもインスタ映えしますよ!
水彩絵の具は落ちやすい子供用の物を選ぶといいですよ!

5.粘土の代わりにパン生地で遊ぼう!


粘土遊びが知育にいいことはよく知られていますが、粘土の代わりにパン生地とフードカラーでこねこねして遊ぶと、あとでパン焼きも楽しめるので、楽しさ倍増です!

6.隠れ家を自分で建てよう


お家にいると、散らかしてばかりで大変!トドラーのお子さんをお持ちの親御さんなら誰もがそう思いますよね。
そんなやんちゃなキッズには「隠れ家を作ってみよっか?」と遊び方を教えてあげてみては?
キッズ用のテントでもいいですし、シーツやクッションなどを使って一緒に隠れ家を作るのを手伝ってあげると子供は喜びます。
自分で建てた隠れ家はきっとお気に入りの場所になり、絵本やぬいぐるみなんかを持ち込んで長い間遊んでくれますよ!
そして、おもちゃなども一箇所に集まるので片付けも楽なんです。

7.エッグカートンでアートしよう


卵を食べた後は不要になるエッグカートンを残しておけば、雨の日の遊び道具に早変わり。
色を塗って、工作するのがお欧米では流行っていて「#eggcartonart」で検索すると、さまざまな楽しみ方が掲載されています。

8.ステッカーアートに挑戦しよう

https://www.instagram.com/p/ByNCX1mj8mm/
高価な知育玩具にお金をかけるよりも、シンプルなおもちゃでも創造性を高めることはできます。
例えば、はがしやすいウォールステッカーで子供部屋の壁をキャンパスにして、デコレーションしてみてはどうでしょうか?
お父さんやお母さんと一緒にアートを作ることの楽しさを覚え、自由な発想で白い壁を描いていきましょう。

9.バルーンテニスはかなり盛り上がる!


室内だとなかなか激しいスポーツは難しいですが、バルーンテニスなら、運動不足も解消できます。
風船なので、2歳~4歳くらいのお子さんでもかんたんにテニスを楽しめますし、風船が割れた時も楽しくなります。

10.フェイスマグネットで福笑いを作ろう


家族の顔写真から、フェイスマグネットを作ると、とても楽しい福笑いを作ることができます。
用意するのはスマホプリンタとマグネット。
スマホプリンタがあれば、アップの顔写真を撮って、プリントアウトし、各パーツを切ってマグネットに糊付けします。
福笑いは古い遊びですが、実際にやってみると、かなり子供ウケしますよ!
子供の爆笑を見てみませんか?

11.室内障害物競走をしてみよう


小さい内なら、むしろ小さいからこそ、室内を走り回ってもまだ大丈夫!
室内にクッションやおもちゃを並べて障害物競走のコースを作って、競争してみましょう。
コースを作ることでいろいろな脳の部分を刺激します。
また、ハイハイをさせることで運動能力アップにも繋がります。

12.室内でもお砂遊び!


砂遊びは子供の脳の発達に大きく関わる遊びの基本です。
そのため、自宅の子供部屋に砂場をつくる家庭もあったりするほどです。
室内でも砂遊びができれば、雨の日でもぐずったりしませんよね!

13.アップルスタンプで版画アート体験


サツマイモの版画も楽しいですが、アップルスタンプをやったことがある人は少ないのでは?
アップルスタンプはりんごを半分にカットしてそれをモチーフにスタンプにして遊ぶアートです。
芋版のように彫ったりする必要もなく楽しめるので、トドラーの子供でも楽しめます。

14.家事のお手伝いにチャレンジ

https://www.instagram.com/p/BLPhSWRDs0c/
雨の日で外に出られない時は、家事のお手伝いにチャレンジしてみるというのはどうでしょう? 
中でも、トドラー世代が手っ取り早くて楽しめる「お茶汲み」がおすすめ。
本格的なままごととして、集中力を高め、ティータイムの習慣も学ぶことができます。

15.スライム作りをやってみよう


スライムは親世代の人も1度は遊んだことのある定番のアイテム。
ストレスがたまりやすい梅雨時期の季節にはもってこいです。
作り方はさまざまありますが、毒性のないものを作るか買うようにしたいですね。

16.コスプレで○○ごっこしよう!


キッズコスプレは、とにかくなりきるのが大事。
衣装はもちろん、メイクにも凝ってみましょう~。
ドレスアップするだけでも気分が晴れやかになりますよ!

17.やっぱり長靴履いて外に出よ!


雨が続いてずっと家にいる日が続くと、子供も次第にストレスが溜まってきます。
汚しちゃダメ、濡らしちゃダメじゃ子供のストレスもMAXに。
そんな時は、思い切って外に出てみましょう。
水たまりでバチャバチャしてる時って本当に楽しそう!
思い切り濡れたら、温かいシャワーを浴びようね!
プラス、雨の日でも楽しめる長靴があると、雨の日も子供たちはハッピーです!

いかがでしたか?
憂鬱な梅雨の時期も考え方ひとつで楽しいインドア遊びができそうですよね。
ポイントはちょっと暗い汚しても、ま、いっかと思える心です。
子供たちの笑顔が少しでも増えるといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA